Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施

「Windows Defender」をはじめ、マイクロソフト製品が利用するマルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性が存在することが明らかになった。定例外でアップデートを実施したという。

「Microsoft Malware Protection Engine(mpengine.dll)」において、細工されたファイルをスキャンした際、メモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2017-11937」が判明したもの。脆弱性が攻撃を受けるとリモートよりコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがある。

同エンジンは、「Windows Defender」や「Microsoft Security Essentials」をはじめ、「Microsoft Exchange Server」「Microsoft Forefront Endpoint Protection」などで採用されている。

オンデマンドによるファイルのスキャンはもちろん、リアルタイム保護を有効にしている場合は、ウェブサイトを閲覧したり、メールやインスタントメッセージを開いたタイミングでスキャンが行われるため、攻撃で狙われるおそれがある。

(Security NEXT - 2017/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響