Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、セキュリティ環境の強化としてICチップ搭載クレジットカードの普及が推進されているが、ICチップを搭載したクレジットカードの保有者が7割にとどまることがわかった。

日本クレジットカード協会(JCAA)が7月28日から29日にかけてインターネットで意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。2063人が回答した。

同調査によれば、クレジットカード保有者のうち、ICクレジットカードの保有者は71.8%だった。一方、!Cクレジットカードを知らないとする回答も17.5%にのぼっている。

ICクレジットカードの保有者は、86.6%が暗証番号を記憶。なかでもICクレジットカードをメインとして利用している保有者は、72.6%が暗証番号を「しっかり覚えている」と回答。磁気式カード利用者の49.8%と大きな差が現れた。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か