Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、セキュリティ環境の強化としてICチップ搭載クレジットカードの普及が推進されているが、ICチップを搭載したクレジットカードの保有者が7割にとどまることがわかった。

日本クレジットカード協会(JCAA)が7月28日から29日にかけてインターネットで意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。2063人が回答した。

同調査によれば、クレジットカード保有者のうち、ICクレジットカードの保有者は71.8%だった。一方、!Cクレジットカードを知らないとする回答も17.5%にのぼっている。

ICクレジットカードの保有者は、86.6%が暗証番号を記憶。なかでもICクレジットカードをメインとして利用している保有者は、72.6%が暗証番号を「しっかり覚えている」と回答。磁気式カード利用者の49.8%と大きな差が現れた。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」