Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる

犯罪に遭遇するかもしれないと不安を感じる場所について、「インターネット空間」を挙げる人が6割にのぼることがわかった。5年前より20ポイント近く増加している。

内閣府が治安に関する世論調査を実施し、結果を取りまとめたもの。9月14日から同月24日にかけて、全国18歳以上の男女を対象に実施。1765人が回答した。

自分や身近な人が犯罪に遭うかもしれないと不安になる場所を聞いたところ、「インターネット空間」が61.1%で最多。2012年調査時の41.9%から19.2ポイント増加した。次に多かったのは「繁華街(54.3%)」で、「路上(47.6%)」「電車、バス、飛行機などの乗り物の中(34.6%)」と続く。

自分や身近な人が遭うかもしれないと不安を感じる犯罪についても、「インターネットを利用した犯罪」が60.7%で最多。2012年調査時の42.3%を18.4ポイント上回った。次に多かったのは「振り込め詐欺や悪質商法などの詐欺」で50.2%。次いで「空き巣(50.1%)」「暴行、傷害など(46.1%)」となった。

警察に力を入れて取り締まってほしいと思う犯罪では、「インターネットを利用した犯罪」が51.2%。「殺人、強盗などの凶悪な犯罪(51.1%)」と同水準だった。

また、犯罪被害を防ぐために力を入れるべき活動として、「インターネット空間におけるパトロール」を挙げた人は42.4%。「制服警察官によるパトロール」「公共の場所への防犯カメラの設置に対する支援」に次いで多かった。

(Security NEXT - 2017/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
「RIG EK」による感染被害が急増 - 警察が約300の踏み台サイトに指導
5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善
55歳以上の8割超、サイバー脅威「他人ごと」 - 日本全体では9割弱
6月末に不正送金マルウェア活動が活発化 - 「Gozi」「Bebloh」に注意
「ルートキット」知らないユーザー9割超 - IPA意識調査
RMT狙いのマルウェア新種2種が上位にランクイン - フォーティネット調査
9割超の経営者が脅威へ巻き込まれる可能性を懸念 - 「対応できる」17%