Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論

サイバーセキュリティをテーマとしたイスラエル発の国際カンファレンス「Cybertech Tokyo 2017」が、11月30日に都内で開催される。

同イベントは、セキュリティ技術やソリューションなどの情報共有を通じて、ネットワーキングの構築やアライアンスの強化の場を提供することをコンセプトとした国際会議。日本で初開催となる。

イスラエルのスタートアップが開発した技術の紹介や日本企業とのマッチング、海外に対する国内技術のアピールなどを行う。

また産学に軍も組み込んで連携するイスラエル独自のエコシステムについて、日本版実現に向けた議論なども予定。

総務省で情報セキュリティを担当する谷脇康彦氏や、内閣サイバーセキュリティセンター副センター長の三角育生氏、NTTデータ代表取締役社長の岩本敏男氏などが登壇するほか、イスラエルの政府関係者や企業、大学、国防軍の要人を招き、議論を行う予定。

会場は都内のホテルニューオータニ。講演プログラムや申し込みなど詳細は同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「Security Days Fall 2017」を9月に開催 - 併催含め100講演以上
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催