Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望

IoT機器メーカーとサービスプロバイダの約半数が「セキュリティバイデザイン」のアプローチを採用しているとの調査結果をジェムアルトが取りまとめた。事業者や消費者双方からIoTに関する規制を求める声が挙がっている。

ジェムアルトが、企業と消費者を対象にIoTのセキュリティに関する調査を実施したもの。

同調査によると、消費者の90%がIoT機器のセキュリティに関して不信感を持っていると回答。「IoT機器の乗っ取り」が65%でもっとも多い。「データ漏洩(60%)」「個人情報へのアクセス(54%)」といった懸念の声も聴かれた。

消費者の54%が平均2台以上のIoT機器を所有している一方、機器のセキュリティに精通している回答者は14%にとどまる。さらに9割の消費者が政府主導によるIoTセキュリティ規制を求めていた。

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査