Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年はランサム攻撃が前年比21%減 - 後半で増加傾向も

2022年におけるランサムウェア攻撃の試行回数は、前年から約2割減になったという。しかし年初からの減少傾向も、第4四半期にはふたたび増加に転じており引き続き注意が必要だ。

SonicWallが、2022年にグローバルで同社センサーにて検知した脅威の動向について取りまとめたもの。

同社によると2022年に同社センサーで検知したマルウェア攻撃は約55億件。前年から2%増加した。米国がもっとも多く、前年比9%減となる約26億8000万件。3月をピークに減少傾向がみられた。イギリスが続いて4億3300万件。前年から13%減となった。3番目に多かったのは前年から31%増となったインドで3億3500万件だった。

日本における検知数は前年から2%増。約1400万件でグローバルでは32番目にあたる。国内に配置された機器における検知率は平均13%だったが、3月には一時30%を超えるなど、攻撃の増加が観測されている。

機器における検知率が高い国を見ると、ベトナム、スリランカ、スロベニア、フィリピンなどが上位に入っており、25%から30%にのぼっている。マルウェアに用いられたファイル名を見ると、「purchase order.exe」「soa.exe」「invoice.exe」など請求関連に見せかけたものが目立った。

(Security NEXT - 2023/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用