Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施

国内ユーザーの4割弱が、パソコンのウェブカメラをカバーで覆い隠すなど、第三者からの覗き見対策を実施していることがわかった。

Avastが、10月2日から5日にかけて、国内の同社製品ユーザーを対象にオンライン調査を実施し、結果を取りまとめたもの。1354人が回答した。

パソコンのウェブカメラを乗っ取られ、生活の様子などを覗き見されることについて、「とても心配している(24.5%)」「やや心配している(40.3%)」など、あわせて64.8%の回答者が懸念を抱いていたという。また38.6%は、ウェブカメラを物理的に覆い隠すなど、覗き見対策を講じていた。

またウェブカメラの乗っ取りに関する認知度についても質問しており、カメラ起動時のライトを点灯させずに覗き見されるおそれがあるか尋ねたところ、43.6%は認知していた。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画