Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年第2四半期における攻撃パケットの観測状況を取りまとめた。「Mirai」が発信元と見られるパケットの増加が観測されている。

同センターが、グローバルに設置している定点観測システム「TSUBAME」などを通じて、同四半期に観測した攻撃パケットの状況を取りまとめたもの。

同四半期にもっとも多くパケットが観測されたのは、「telnet」に用いる「TCP 23番ポート」。4月後半から5月前半に一時減少するも他ポートを上回るパケットが観測されており、6月にはピークを迎えている。

次いで多かったのは、NoSQLデータベース「Redis」で使用されている「TCP 6379番ポート」宛てのパケット。同四半期前半から後半にかけて減少傾向が続いており、6月には同四半期全体で3番目に多く、6月に増加が見られた「TCP 22番ポート」と逆転が生じている。

同センターは同四半期に注目された事象として、「Mirai」の特徴を持つパケットの増加を挙げている。中国を発信元としたパケットが26.6%でもっとも多く、「韓国(15.8%)」「米国(11.8%)」「インド(7.3%)」「台湾(5.9%)」と続いている。

(Security NEXT - 2022/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高