Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測

NETGEAR製ファイルサーバ上で動作するネットワークビデオレコーダーソフトの「ReadyNAS Surveillance」に存在する脆弱性を標的としたアクセスが、10月9日から継続的に観測されている。

警察庁の観測システムにおいて、「ReadyNAS Surveillance」に存在する脆弱性を悪用する攻撃を観測したもの。HTTPの「GETリクエスト」により、OSコマンドの実行を試みるアクセスが、10月9日17時より継続的に観測されているという。

今回標的となった脆弱性は、9月28日に公表されたもの。脆弱性を悪用することで攻撃が可能となることを示した検証用プログラムがすでに公開されている。脆弱性が悪用された場合、認証なしでリモートよりコマンドを実行されるおそれがある。

観測したアクセスは、脆弱性の影響を受けるサーバを探索する目的とともに、システムに侵入するための情報収集の意図もあると見られるという。

NETGEARでは、脆弱性を修正した「同1.4.3-17」および「同1.1.4-7」をリリース。同庁では、サーバの管理者に対し、ソフトウェアのアップデートや、サーバに対して適切なアクセス制限を行うなど、対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談