Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言

総務省は、IoTに関するセキュリティ対策の推進に向けて課題を整理し、「IoTセキュリティ総合対策」として公表した。

同指針は、IoT機器を踏み台とした攻撃が深刻化している状況を受けて、4月にサイバーセキュリティタスクフォースが取りまとめた「IoTセキュリティ対策に関する提言」に基づき、国や民間企業が取り組むべきセキュリティ上の課題を整理、具体的な施策を示したもの。

具体的には、「サービス層」「プラットフォーム層」「ネットワーク層」「機器層」に分け、各レイヤーにおいて想定される課題を抽出。

そのうえで、実際の対策を推進するには複数レイヤーに関わる施策を一体的に推進することが効率的であるとして、「脆弱性対策の体制整備」「研究開発」「民間企業の対策促進」「人材育成の強化」「国際連携の推進」の5項目に分け、施策について整理した。

同省では今後、半年に1度を目途としつつ、必要に応じて検証しつつ、関係省庁と連携しながらIoTセキュリティの確保に必要な施策を推進していく。

(Security NEXT - 2017/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
経産省、セキュアなIoT接続環境に向けたフレームワーク案 - 国内外から意見募集
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催