Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生

通信販売サイト「セシールオンラインショップ」では、7月末から断続的に不正ログインによる不正アクセスを受けているが、再度被害が確認された。

同サイトを運営するディノス・セシールによれば、9月22日14時13分から42分、および16時54分から17時9分にかけて、同一の国内IPアドレスから、利用者以外の第三者によって不正にログインされる被害を確認したもの。

30回にわたるログインの試行により、6件で不正ログインに成功していた。これまでの不正ログインと同様に、他サービスで取得されたアカウント情報を使用した「パスワードリスト攻撃」であるとの見方を示している。

不正ログインを許した6人について、氏名と所有ポイント数などの情報が閲覧された可能性がある。また1人は、第三者のクレジットカード情報が登録、削除され、さらに別の1人については、ポイント1600円分が不正に交換された。

同社では、対象となる顧客のパスワードを変更し、不正交換されたポイントの使用を制限するなどの対応を行った。また利用者に対し、パスワードの使い回しを避けるなど、パスワード管理の徹底を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も