Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員メルアカに不正アクセス、スパム約3万件が送信される - 北海道大病院

北海道大学病院は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。同アカウントより大量のフィッシングメールが送信されたという。

同院によれば、職員が個人の業務用として管理しているメールアカウントが不正アクセスを受けたもの。約3万件の外部メールアドレスに対し、フィッシングメールが送信されたことが2023年12月27日に判明した。

問題のメールアカウントについてパスワードを変更しており、すでにフィッシングメールの送信は停止している。第三者によるアカウントの悪用はメールの送信行為のみとしており、メールの閲覧など個人情報流出の可能性については否定した。

何らかの理由で外部に流出したアカウント情報を使用し、ログインを試みるいわゆるパスワードリスト攻撃によって不正アクセスを受けたものと見られるという。

同院ではアカウント管理について周知徹底を図るほか、アクセスログの監視など対策を強化するとしている。

(Security NEXT - 2024/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施