Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円

2018年度における政府のサイバーセキュリティ関連予算の概算要求額は727億5000万円となった。2017年度の当初予算598億9000万円を大きく上回る。

予算額を施策別に見ると、2017年に引き続き、情報処理推進機構への交付金が最も大きく52億9000万円。

2017年度の当初予算23億9000万円から2倍以上にあたる48億9000万円へ増額した内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が続いた。なかでも2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた体制の整備などに大きな予算が割かれている。

厚生労働省におけるセキュリティ対策の強化に46億5000万円、サイバー攻撃対処の演習環境の整備に向けた研究として防衛省が46億3000万円を計上している。

20170920_ni_001.jpg
主要な施策の概算要求額(表:NISC)

(Security NEXT - 2017/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
IoT機器のセキュリティ検証プロセスでガイドライン公開 - CCDS
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
専任CISO設置の国内企業、3割満たず - 欧米と2倍以上の開き
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず
「CS経営ガイドライン」に解説書 - 仮想事例で実践イメージ具体的に