Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト

サイバートラストは、IoTにおける脆弱性を診断する「サイバートラスト IoT 脆弱性診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、IoTサービス全体に対応する脆弱性診断サービス。事前のヒアリングをもとに、デバイスやネットワーク、ウェブアプリケーションについて調査。ツールを用いた診断にくわえ、手動診断にも対応する。

IoTデバイスに関しては、通信内容の改ざんやバイパスなどを試行。不正操作や情報の窃取が可能か診断するほか、認証面からはパスワードポリシーなどを検証する。

ファームウェアについては、ファイルやメカニズムを解析。不正なアップデートが適用されたり、情報窃取が行われる可能性があるか調べるほか、ハードウェア面では有線接続によるログの閲覧や情報窃取などが可能でないか調査することが可能。

提出する報告書には、発見された脆弱性の評価のほか、対策方法も提示する。料金は105万8400円から。

(Security NEXT - 2017/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Intel、多岐にわたるセキュリティアップデート - アドバイザリの確認を
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断