Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も

総務省は、社会生活へ大きな影響を及ぼす可能性があるIoT機器を対象に脆弱性の調査を実施する。脆弱な機器の利用者には注意喚起も実施するという。

同省では、ICT-ISACや横浜国立大学と連携。社会生活に直接影響を及ぼす可能性の高いIoT機器を「重要IoT機器」と位置付け、脆弱性の探索調査を実施するもの。

サイバー攻撃の観測ネットワークや脆弱性の探索手法を活用。必要に応じて現地調査や機器の実態調査を行う。

攻撃対象となり得る脆弱なIoT機器を特定した場合は、機器を製造する事業者や関係機関と情報を共有。機器の所有者には、ICT-ISACやJPCERTコーディネーションセンターなどの関係機関を通じて注意喚起を実施していく。

20170905_so_001.jpg
調査や注意喚起のイメージ(図:総務省)

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会