Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も

総務省は、社会生活へ大きな影響を及ぼす可能性があるIoT機器を対象に脆弱性の調査を実施する。脆弱な機器の利用者には注意喚起も実施するという。

同省では、ICT-ISACや横浜国立大学と連携。社会生活に直接影響を及ぼす可能性の高いIoT機器を「重要IoT機器」と位置付け、脆弱性の探索調査を実施するもの。

サイバー攻撃の観測ネットワークや脆弱性の探索手法を活用。必要に応じて現地調査や機器の実態調査を行う。

攻撃対象となり得る脆弱なIoT機器を特定した場合は、機器を製造する事業者や関係機関と情報を共有。機器の所有者には、ICT-ISACやJPCERTコーディネーションセンターなどの関係機関を通じて注意喚起を実施していく。

20170905_so_001.jpg
調査や注意喚起のイメージ(図:総務省)

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を