Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」のバックアップ用プラグインに脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「BackupGuard」に脆弱性が含まれていることがわかった。

同アプリは、「WordPress」環境向けにバックアップや復元などの機能を提供するプラグイン。

同アプリにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2017-10837」が含まれていることが判明したもの。CMSへログインしている際にウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、クリスリュウ氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施したもので、「同1.1.47」にて修正された。現在、最新版となる「同1.1.48」が公開されている。

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WordPress向けデータインポート用プラグインに2件の脆弱性
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「WordPress」向けRetina対応プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
アップデート「WordPress 4.9.1」でセキュリティに関する問題4件を解決 - バグの修正も