Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティや情報モラル教える指導者の養成セミナー - SPREAD

セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)は、セキュリティや情報モラルを教える立場の人材を育成する指導者養成セミナーを、全国6カ所で開催する。

同セミナーは、セキュリティや情報モラルについて教える立場にある人を対象にしたもので、聞き手の理解を得るための教え方の要点やテクニックについて学ぶ。

2017年度は、地域におけるセキュリティの課題を解決できる人材を育成するため、開催地の状況にあわせてセミナーの内容を調整した。

9月16日から2018年2月24日まで、毎月1回開催する。開催地は都内3カ所のほか、静岡県、岐阜県、福岡県など6カ所。定員は各会場30人で、先着順となっている。費用は3000円。セミナーの詳細および申し込みは、案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%