Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了

自動化へ積極的に取り組むSOCの約7割は、インシデント調査を1週間以内、そのうち4割弱は24時間以内に終えているとする調査結果をマカフィーが取りまとめた。

同社が2017年春にアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。米国、イギリス、オーストラリア、カナダ、ドイツ、シンガポールを拠点とした従業員1000人以上の組織において、脅威調査業務を担当する700人以上が回答した。

同調査では、SOCの成熟度について5段階に分類。「IDS」や「SIEM」の自動アラートに依存する「初期」、最小限のデータ収集により脅威インテリジェンスを活用する段階を「未成熟」とした。

さらに外部のデータを活用してデータ分析などを行っている「構築中」、あらたなデータ解析の手順を用意し、高いレベルでデータ収集を行っている「革新的」、さらにデータ解析の大半を自動化しているケースを「先進的」とした。

(Security NEXT - 2017/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
「Apache Struts 2」狙う攻撃、IPS回避の攻撃も - ラックが注意喚起
8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査
企業内SOCやCSIRTを運用するための「教科書」 - ISOG-J
IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも