Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新

情報処理推進機構(IPA)は、2017年7月度「ITパスポート試験」の合格者を発表した。9歳の小学生2人が合格し、これまでの最年少記録を更新した。

同試験は、経済産業省が行う国家試験である情報処理技術者試験の1つ。セキュリティやネットワークなどITに関する基礎知識をはじめ、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識や、プロジェクトマネジメントの知識など、幅広い総合的知識を問うものとなっている。

2017年7月度の試験では、12歳以下が4人応募し、3人が合格。そのうち2人は9歳で、これまでの最年少記録である10歳を更新した。

同試験を開始した2009年4月から2017年7月までの累計で、12歳以下の応募者は113人、合格者は21人となった。

同試験の応募者は年々増加しており、2016年度は8万6305人が応募。合格者は3万7570人で、合格者の平均年齢は28.1歳だった。

(Security NEXT - 2017/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから