Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を

夏期休暇を取る人が増える時期だ。2016年に施行された「山の日」の影響により、休暇が長期化する傾向にある。長期休暇に備えたセキュリティ対策が引き続き求められる。

ソニー損保が1000人を対象に実施した調査では、2017年は日取りが良く、盆休みを「6日以上」とする回答が35%にのぼっており、2013年以来もっとも多いという。

長期休暇を迎えるにあたり、あらためてセキュリティ対策を確認し、事故の未然防止や、事故発生時にスムーズな対応が取れるよう準備をしておく必要がある。

ワーム機能を備えたランサムウェア「WannaCrypt」など、脆弱性を悪用して急速に拡大するマルウェアも確認されている。日ごろより重要な対策となるが、OSやアプリケーションにおいて、脆弱性が存在しないか確認しておきたい。

各社が定例セキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」だが、8月はお盆直前となる日本時間8月9日を予定している。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
年末年始の長期休暇に備えて事前対策を - ランサムウェアにも注意を
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
年末年始のグリーティングカードに注意 - IPA
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
12月修正の「Flash Player」脆弱性が攻撃対象に - 確実にアップデートを
年末年始の長期休暇に向けて事前対策を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
7月のフィッシング報告数は614件 - 前月比120件増
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を