Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも

エフセキュアは、2017年上半期においてスパムメールで悪用されたブランドについて調査を取りまとめた。「Amazon」や「Apple」「Microsoft」などの大手ブランドが被害に遭っている。

同社が2017年上半期に把握した迷惑メールにおいて、なりすましの被害に遭った企業のランキングを取りまとめたもの。

「USPS(米国郵便公社)」がもっとも多く、3番目にも「FedEx」が入っており、荷物の配送通知に偽装したスパムが引き続き多数流通しているという。

同社は、eコマースが一般的となり、注文の配信を待つユーザーが多数存在しており、ソーシャルエンジニアリングの悪用が容易になっていると指摘。「注文を配送できません」といったメールで容易に攻撃が可能であるとして「なりすましメール」の危険性を指摘している。

また、2位の「Amazon」や4位の「Apple」、5位の「PayPal」、7位の「Microsoft」など、国内でもなじみ深い大手ブランドも悪用されている。

2017年上半期に迷惑メールでなりすまし被害にあった上位10社は以下のとおり。

1位:USPS
2位:Amazon
3位:FedEx
4位:Apple
5位:PayPal
6位:Walgreens
7位:Microsoft
8位:Eharmony
9位:Lyft
10位:Facebook

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も