Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供

セキュリティ・キャンプ実施協議会は、8月16日に都内で若年層のセキュリティ人材の育成を目的とした「セキュリティ・コアキャンプ2017」を開催する。

同イベントは、セキュリティ・キャンプ全国大会の修了生を対象としたイベント。「セキュリティ・キャンプ全国大会」で発掘した人材に対し、さらなるレベルアップの機会を提供する場として企画したという。

講師には、中津留勇氏やMasato Kinugawa氏、佳山こうせつ氏を招聘。マルウェア解析やウェブアプリケーションの脆弱性解析、コンテンツハッカソンなどの講義を予定している。

対象は、セキュリティ・キャンプ全国大会の修了生であり、2018年3月末の時点で25歳以下の学生。参加費は無料で、交通費や宿泊費など一部を支援する。定員10名で審査の上、決定する予定。応募締め切りは7月3日17時。イベントの詳細や募集要項などは同協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催