Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る

5月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は386件で、前月の304件から増加した。

20170602_ap_001.jpg
フィッシングの報告件数推移(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、5月に寄せられたフィッシングの報告件数は386件。前月の304件から82件増加した。

2016年10月は37カ月ぶりに200件を下回るも、以降は増加に転じ、2017年ると3カ月連続で700件を突破。4月は304件と半減したものの、5月は386件と再び増加の兆しを見せている。

金融機関をかたるフィッシングや、「Apple}「LINE」などの大手ブランドを装うフィッシングが引き続き多数報告されており、偽メールの大半は、「アカウントが不正に利用されている」などと不安をあおり、アカウント情報をだまし取るフィッシングサイトへ誘導する手口だった。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は317件で、前月から48件増加。悪用されたブランド件数は前月を2件下回り、17件だった。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇