Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装

一連の攻撃は、「Gozi」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる不正送金マルウェア「Ursnif」を感染させることが目的だったと見られる。

同マルウェアは、当初オンラインバンキングの利用者のみを対象としていたが、銀行、信用金庫をはじめ、クレジットカード会社、検索エンジン、ショッピングサイトなど、少なくとも37のサービスを対象とするなど、情報窃取の対象を広げている。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
2018年4Qの不正送金被害、さらなる低水準に - 全銀協まとめ
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む