Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装

5月12日以降、感染拡大の懸念からランサムウェア「WannaCrypt」の動向に関心が集まったが、その一方でバンキングマルウェアが活発な活動を展開していたという。

トレンドマイクロによれば、今週に入り、いわゆる「不正送金マルウェア」へ感染させることを狙ったメールが大量に流通。5月14日から5月18日15時までの約5日間に、同社が検知しただけでも43万3000件に上ったという。

こうしたメールは、ソーシャルエンジニアリングを行っており、受信者をだますために「保安検査」「請求書」「御礼」「支払条件確認書」「予約完了メール」など、さまざまな内容を偽装。なかでも目立ったのが、「駐禁報告書」を装う手口で、21万4000件と約半数を占めた。

20170519_tm_001.jpg

マルウェア感染メールに用いられた件名の割合(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起