Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども

ホンダ・リサーチ・インスティチュートは、人工知能におけるセキュリティ分野で米ボストン大学と共同研究を開始した。

同社によれば、AIのセキュリティ領域における研究を加速させるため、米ボストン大学のコンピューティング&計算科学・工学ラフィク・ハリリ研究所と共同研究のプロジェクトを展開。Azer Bestavros特別教授やBernhard Sendhoff博士などがプロジェクトの指揮を執る。

手はじめに、データを秘匿したまま計算処理を行う暗号化技術の1つである「セキュアマルチパーティーコンピューテイション」を用いたデータプライバシーコントロール技術の研究を5月より開始。

昨今、利用者の個人情報をもとにしたレコメンデーション機能が活用されているが、利用者はどの情報が利用されているか把握できない場合があることから、同研究では、個人情報の共有を利用者自身がコントロールできるデータセキュリティ技術の実現を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
10社が参加、情報銀行の実証実験を開始
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用