Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究参加者のメアドが流出か、SQLi攻撃の痕跡 - 統数研

統計数理研究所は、研究参加者に関するメールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。

同研究所によれば、2018年度以前に採択された公募型共同利用の研究課題における研究参加者のメールアドレス5527件が外部に流出した可能性があるという。

4月3日に共同研究データベースを運用しているサーバに対して、メールアドレスを狙ったと思われるSQLインジェクション攻撃を受けたことが判明した。さらにサーバのログを確認したところ、2月7日や3月16日から翌17日にかけても攻撃を受けていたという。メールアドレス以外の情報を狙った攻撃の痕跡は確認されていない。

情報流出の原因として、SQLインジェクション攻撃以外にも、サーバの設定に不備があった可能性もあるとし、被害状況など詳細について調べている。

同研究所では対象となる関係者に謝罪するとともに、迷惑メールの送信などに悪用されるおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市