Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀

ラックと三菱UFJ銀行は、金融犯罪被害の抑止に向けた共同研究を進めており、高齢者などを狙った特殊詐欺によるATM不正利用を検知する概念実証実験を実施した。

両社では、5月よりATMの不正利用を発見する実証実験を共同で実施。ラックの機械学習を用いた不正検知技術を用い、三菱UFJ銀行における半年分の取引データをもとに検証を進めたもので、PoCでは不正取引の94%を検知できたという。

ATMによる取り引きは、大多数が正規の取引で、不正取引が極端に少ない不均衡なデータであったことから、機械学習の精度を落とさないよう、正常な取引を間引くアンダーサンプリングと不正取引をかさ増しするオーバーサンプリングにより学習用データの比率を調整。さらに検知率を高めるための特徴量エンジニアリングを実施したという。

ラックでは特殊詐欺やサイバー犯罪などの金融犯罪被害抑止に向けて、今回のATM不正利用に続き、今後はオンラインバンキングにおける不正検知の研究にも取り組む予定。

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社