Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀

ラックと三菱UFJ銀行は、金融犯罪被害の抑止に向けた共同研究を進めており、高齢者などを狙った特殊詐欺によるATM不正利用を検知する概念実証実験を実施した。

両社では、5月よりATMの不正利用を発見する実証実験を共同で実施。ラックの機械学習を用いた不正検知技術を用い、三菱UFJ銀行における半年分の取引データをもとに検証を進めたもので、PoCでは不正取引の94%を検知できたという。

ATMによる取り引きは、大多数が正規の取引で、不正取引が極端に少ない不均衡なデータであったことから、機械学習の精度を落とさないよう、正常な取引を間引くアンダーサンプリングと不正取引をかさ増しするオーバーサンプリングにより学習用データの比率を調整。さらに検知率を高めるための特徴量エンジニアリングを実施したという。

ラックでは特殊詐欺やサイバー犯罪などの金融犯罪被害抑止に向けて、今回のATM不正利用に続き、今後はオンラインバンキングにおける不正検知の研究にも取り組む予定。

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に