Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大

奈良県立医科大学は、職員が利用する複数のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同大によれば、10月14日より問題が判明した同月31日にかけて、同大職員が利用する「Microsoft 365」のアカウント6件が海外より不正アクセスを受けたもの。

10月31日に大量のメール送信が行われたことから、システムよりユーザーの制限を実施するとの通知があり、調査を行ったところ、不正アクセスを受けていたことが判明した。

侵害された期間中、攻撃者によってアカウント内に保存されたメールを閲覧できる状態となっており、共同研究者および治験関係者の氏名、電話番号、メールアドレスなど約800件や、治験患者1人に関する氏名、性別、疾患名などが流出したおそれがある。

また5件のアカウントより、海外で利用されているものと見られるメールアドレスに対し、迷惑メール1120件が送信され、実際に781件が送信に成功していた。

(Security NEXT - 2022/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用