Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院

名古屋大学医学部付属病院の複数メールアカウントが不正アクセスを受け、患者の個人情報などが外部に流出した可能性があることが明らかとなった。

同大によれば、海外のIPアドレスからアカウント3件に対して不正アクセスが行われたもの。総当り攻撃によりパスワードを特定されたという。

教職員から自身のメールアドレスをかたる迷惑メールが送信されたとの報告があり、調査を行ったところ、被害が発覚した。

不正アクセスは、2021年3月から同年9月末にかけて約半年にわたり行われており、期間中メールサーバ内には、同院患者や学生、関係者の個人情報を含むファイルが添付されたメールも保存されていた。

(Security NEXT - 2022/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正