Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoin取引所のCoincheck、障害で取引無効化 - ロールバック実施

仮想通貨の取引所であるCoincheckを運営するコインチェックは、同取引所においてBitcoinのレートが実勢レートと異なる価格で表示される障害が発生したと発表した。同社では一時的にサーバを停止し、入出金や売買を停止。取り引き内容について以前の内容へロールバックした。

同社によれば、5月9日11時半ごろ、同取引所で障害が発生したという。同社では障害の発生を受けてサーバを停止し、入出金や売買を一時的に停止する措置を実施。同日16時半よりすべての機能を再開した。

同社は障害の原因について、システムで異常値が発生し、それらレートを元に約定が発生したことから、実勢レートから大幅に乖離したと説明。

障害が発生していた時間内に成立した取引や、ブロックチェーン上に記録されていない送金などについて無効とし、障害発生時の状態へ戻す「ロールバック」を実施したという。システムの異常値が生じた詳しい理由については言及していない。

同社は、外部からの攻撃ではなく、利用者の個人情報流出や、資産の損失については否定。再発防止策については、今後報告するとしている。

(Security NEXT - 2017/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
「おまえのパスワードはこれだ」と脅すメール - 仮想通貨を要求
取引所にフォークコイン付与を求め、集団訴訟へ - 弁護団が結成
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか