Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dridex」感染キャンペーンで「Office」のゼロデイ脆弱性を悪用 - スキャナからのメール装う攻撃に注意

Microsoftの「Office」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、不正送金マルウェア「Dridex」の感染活動に悪用されたことがわかった。

20170411_pp_001.jpg
送信されたメールの一例(画像:Proofpoint)

Proofpointによれば、おもにオーストラリアの組織を対象に、バンキングトロジャンとして知られる「Dridex」を感染させようとするメールが数百万件規模のメールアカウントに対して送信されたという。

同社は、脆弱性公開後、ゼロデイ脆弱性を利用した最初の大規模な感染キャンペーンだと指摘している。

同攻撃では、すでに報告された攻撃と同様、RTFファイルを悪用。

受信組織内のスキャナ機器から送信されたように見せかけるソーシャルエンジニアリングを用いており、「Scan」といった文字列とランダムな文字列を組み合わせた名前のファイルが添付されていた。誤って開くと「Dridex」に感染するおそれがある。

「Dridex」に関しては、国内に対しても日本製複合機でスキャナ機能を利用した際に送信されるメールに見せかけ、マクロを含んだWordファイルを送り付ける攻撃が確認されている

今回の報告は、おもにオーストラリアで攻撃が観測されたものだが、今後国内においても、あらたな脆弱性を利用した攻撃に対して注意が必要だ。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃