Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office」にゼロデイ脆弱性、少なくとも1月下旬より悪用 - 「保護ビュー」の活用を

Microsoftの「Office」にセキュリティ更新プログラムが未提供のいわゆる「ゼロデイ脆弱性」が含まれていることがわかった。少なくとも1月下旬より脆弱性が悪用されていたと見られている。

「OLE2Linkオブジェクト」の処理に脆弱性が存在することが明らかになったもの。遠隔のサーバからデータを読み込む際、サーバ側で指定された「MIMEタイプ」に従って処理を行うため、任意のコードを実行されるおそれがある。攻撃を確認したMcAfeeやFireEyeが明らかにしたもので、セキュリティ機関も注意喚起を行っている。

McAfeeによれば、今回の脆弱性を用いた攻撃が、少なくとも1月下旬に行われたことを確認しているという。攻撃では、拡張子に「.doc」を用いたRTFファイルを悪用。「VBスクリプト」を含む「.htaファイル」をペイロードに用いてコード実行を試みていた。

今回確認された攻撃では、「docファイル」が利用されたが、セキュリティ機関では、「Word」以外のWindowsコンポーネントが標的になる可能性もあると指摘している。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い