Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず

5月30日に改正個人情報保護法が全面施行となるが、それまでにシステムやプライバシーポリシーの修正が完了する企業は、7割弱にとどまることがわかった。

20170331_jp_001.jpg
改正個人情報保護法への対応状況(グラフ:JIPDEC)

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とITRが、従業員50人以上の国内企業2000社におけるITおよび情報セキュリティの責任者を対象に、1月24日から31日にかけてインターネットによるアンケート調査を実施したもの。653社が回答した。

改正個人情報保護法の影響について、73.1%がシステム環境またはプライバシーポリシーのいずれかに変更や修正が必要と認識。

それら企業において、調査時点で対応が完了している企業は22%。「全面施行までに完了の見込み」とする46.3%をあわせても68.3%と7割に届かなかった。のこる3割強は全面施行時までに対応が完了しないという。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
個人情報保護委員会をかたる「なりすましメール」に注意を
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
個人情報保護委、コミッショナー国際会議の正式メンバーに
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも