Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省

国土交通省は、保存中だった一部「倉庫施設等変更登録書類」を誤廃棄したことを明らかにした。

同省によれば、関東運輸局交通政策部において保存期間の満了を迎えていない倉庫施設等変更登録書類を廃棄していたことが、3月17日に判明したもの。

誤って廃棄したのは、2007年度の倉庫施設等変更登録書類237冊で、規定されている保存期間は30年だという。産廃事業者による廃棄処理が行われており、書類に記載された情報が外部に流出する可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構