Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省

国土交通省は、保存中だった一部「倉庫施設等変更登録書類」を誤廃棄したことを明らかにした。

同省によれば、関東運輸局交通政策部において保存期間の満了を迎えていない倉庫施設等変更登録書類を廃棄していたことが、3月17日に判明したもの。

誤って廃棄したのは、2007年度の倉庫施設等変更登録書類237冊で、規定されている保存期間は30年だという。産廃事業者による廃棄処理が行われており、書類に記載された情報が外部に流出する可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市