Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊予約者の個人情報をメールで誤送信 - 西鉄ホテルズ

西鉄ホテルズは、宿泊者の個人情報含む予約確認書を、別の顧客へ誤ってメールで送信したことを公表した。

同社によれば、3月15日に西鉄ホテルクルーム博多で顧客1人へ宿泊予約確認書をメール送信した際、ほかの顧客に関する宿泊予約確認書を一緒に送信してしまったという。受信者からの連絡で判明した。

誤送信した宿泊予約確認書には、2016年1月24日から2017年6月16日の間で予約をした顧客のうち、ホテルが予約確認書を発行した顧客の情報173件が記載されていた。氏名や会社名、宿泊人数、期日、部屋のタイプ、料金などが含まれる。

同社では、誤送信したメールの受信者へ謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2017/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ