Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北

相鉄ホテルマネジメントが運営するホテルサンルート台北において、委託先が不正アクセスを受け、一部顧客の個人情報が外部に流出したことがわかった。顧客にホテル関係者になりすました電話があり、問題が発覚した。

流出の可能性があるのは、2020年11月1日から2021年3月10日にかけて、外部宿泊予約サイト経由で同ホテルの宿泊を予約した顧客に関する予約情報3093件。氏名や電話番号、宿泊日、宿泊代金が含まれる。

3月13日に顧客から、同ホテルの関係者を名乗り、宿泊代の返金などを口実に、ATMの操作を促したり、クレジットカード情報を聞き出そうとする電話があったとの通報があり、調査を進めたところ、委託先が不正アクセスを受け、顧客情報が流出していたことが同月29日に判明した。

同ホテルを運営する相鉄ホテルマネジメントによれば、不正アクセスを受けたのは、ホテル管理システムを提供する台湾現地のシステムベンダー。オンライントラベルエージェントである「ブッキングドットコム」「エクスペディア」「シートリップ」「ホテルベッズ」「楽天」の5サイトよりデータを取得する際に利用する中継サーバが不正アクセスを受けたという。

(Security NEXT - 2021/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か