Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚

岡山大学病院の医療用端末2台がマルウェアに感染し、外部と不正な通信を行っていたことがわかった。

同大によれば、3月15日に医療用に用いていた端末をログ解析ソフトで調査したところ、2台がマルウェアへ感染し、外部との不正な通信を行っていることが判明したもの。

問題のパソコンには、それぞれ患者1人、あわせて2人分の個人情報が保存されていた。外部流出は確認されていないが、可能性は否定できないとしている。

また同院で利用する電子カルテなどの医療情報システムや、基幹システムに対する不正アクセスは確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院