Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PlayStation Networkへログインできない」との相談増加 - 「パスワードリスト攻撃」原因か

ソニーが提供するオンラインサービスのログインIDが何者かに変更され、サービスが利用できなくなったとの報告が相次いでいるとし、同社はパスワードを適切に管理するよう、利用者へ注意を呼びかけた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアによると、ソニーのオンラインサービス向けアカウント「Sony Entertainment Network(SEN)」で、ログインIDとして利用するメールアドレスが勝手に変更され、「PlayStation Network」が利用できなくなったとの問い合わせが、多数寄せられているという。

同社は、第三者が外部で入手したIDやパスワードを用いた「パスワードリスト攻撃」を行い、不正にサービスへログインしてIDを変更したものと説明。

アカウントの不正利用を防ぐため、使い回しや推測されやすい文字列を避けるなど、適切なパスワード管理を行い、マルウェア感染に注意したり、「2段階認証」を活用するといった対策を呼びかけている。

また同社で不審なアクセスを検知したアカウントに対し、パスワードのリセットやアカウントの停止を実施していると説明。パスワードリスト攻撃への対策を検討している。

(Security NEXT - 2017/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録
ディノス・セシール、再度パスワードリスト攻撃を検知
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意