Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アカウントはロックされます」 - 偽Appleからのメールに注意

フィッシング対策協議会は、「Apple ID」のアカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているとして注意を呼びかけている。

20170207_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「Apple ID」がロックされるなどとだまし、偽サイトへ誘導。アカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が複数確認されているもの。

同協議会が把握しているだけでも、フィッシングメールの件名として8種類が確認されている。「アカウントはロックされます」「Your Apple ID has been locked」など、多くはアカウントがロックされたように見せかけ、不安を煽る内容だった。なかには「あなたの体のアカウントを確認してください」など不自然な日本語を用いていたケースもある。

メールの本文に関しても、日本語や英語など複数のパターンで流通。「iCloudへMacBook Pro 13より予期せぬログインが行われた」などとだます手口もあった。誘導先のフィッシングサイトについても、少なくとも5種類のURLが使用されている。

2月7日の時点で複数のフィッシングサイトが稼働しており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
フィッシング報告、URLともに3カ月連続で増加 - 偽Appleは短縮URLを愛用
6月はフィッシングサイトが1.5倍に - フィッシングメールは週末狙う傾向
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増