Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールの踏み台に、4000通を配信 - 京都女子大

京都女子大学のメールアカウントが乗っ取られ、迷惑メールを送信する際の踏み台に悪用されたことがわかった。

同大学によれば、メールサーバに対する不正アクセスがあり、職員のアカウントを踏み台として悪用され、不特定多数のメールアドレスに対し、迷惑メールが送信されたもの。

1月26日3時半過ぎから問題が判明した13時過ぎまでの9時間半に配信された迷惑メールは、約4000件にのぼるという。今回の不正アクセスによる他システムへの侵入や情報漏洩については否定している。

同大では、対象のアカウントを停止。教職員や学生に対し、適切なパスワード管理を行うよう注意を喚起した。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も