Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に

2016年第4四半期は、「ウイルスを検出した」という偽の警告でユーザーをだます行為に関する相談が、前四半期の1.4倍に増加した。前年同期の約15倍へと拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第4四半期の不正アクセス届出状況や相談状況を取りまとめたもの。

同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは19件で、前四半期から変動はなかった。14件で実際に被害が発生している。

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が4件、「侵入」が2件、「不正プログラム埋込」と「DoS」が各1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が4件でもっとも多く、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が3件、「その他」が2件だった。また5件については原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
「楽天」や「LINE」の偽メールに注意 - 警告を無視するよう指示
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省