Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に

2016年第4四半期は、「ウイルスを検出した」という偽の警告でユーザーをだます行為に関する相談が、前四半期の1.4倍に増加した。前年同期の約15倍へと拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第4四半期の不正アクセス届出状況や相談状況を取りまとめたもの。

同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは19件で、前四半期から変動はなかった。14件で実際に被害が発生している。

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が4件、「侵入」が2件、「不正プログラム埋込」と「DoS」が各1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が4件でもっとも多く、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が3件、「その他」が2件だった。また5件については原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通