Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に

2016年第4四半期は、「ウイルスを検出した」という偽の警告でユーザーをだます行為に関する相談が、前四半期の1.4倍に増加した。前年同期の約15倍へと拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第4四半期の不正アクセス届出状況や相談状況を取りまとめたもの。

同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは19件で、前四半期から変動はなかった。14件で実際に被害が発生している。

不正アクセスによる被害の内訳を見ると、「なりすまし」が4件、「侵入」が2件、「不正プログラム埋込」と「DoS」が各1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が4件でもっとも多く、「古いバージョン使用、パッチ未導入」が3件、「その他」が2件だった。また5件については原因がわかっていない。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中