Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に

同四半期に寄せられた相談件数は3795件。前四半期の4367件から13.1%減少した。「ワンクリック請求」に関する相談は487件で、前四半期の558件から12.7%減となった。そのうちスマートフォンを対象にした相談は158件で、前期の159件とほぼ同水準だった。

また、実際に検知していないにもかかわらず、「ウイルスを検出した」などの偽警告でユーザーの不安をあおり、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談が833件寄せられた。前年同期の57件から1年間で約15倍へと急増している。

20170130_ip_001.jpg
偽警告に関する相談件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【お知らせ】ブラウザによる警告表示のお詫び
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Emotet」にあらたな感染手口 - マクロ無効でも感染
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
「Apache Tomcat」のアップデートが公開 - 「Spring4Shell」対策も
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知