Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「他人に個人情報を公開された経験がある」14.4% - 3割強が削除依頼など対応

インターネット利用者の14.4%が個人情報を勝手にインターネット上で公開された経験があることがわかった。そのうち3割強が削除を依頼するなど対応を講じていたという。

情報処理推進機構(IPA)が2016年9月21日から同月27日にかけてインターネットで実施した「情報セキュリティの倫理に対する意識調査」により判明したもの。同調査ではパソコンでインターネットを利用している13歳以上の男女5000人が回答している。

許可していないにもかかわらず、自分の個人情報を他人にインターネットに公開された経験があるか尋ねたところ、14.4%が公開された経験があると回答。「自分とわかる画像や動画」が7.1%ともっとも多く、「行った場所や食事などの行動に関する情報(4.6%)」「氏名、所属、年齢など(4.2%)」が続く。

他人に個人情報を公開された際の対応を見ると、35.3%が何かしらの行動を取っており、17.6%は公開した人に連絡を取り削除を依頼。さらに12.9%はサービスの管理者や企業へ削除を依頼していた。

(Security NEXT - 2017/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に