Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「他人に個人情報を公開された経験がある」14.4% - 3割強が削除依頼など対応

インターネット利用者の14.4%が個人情報を勝手にインターネット上で公開された経験があることがわかった。そのうち3割強が削除を依頼するなど対応を講じていたという。

情報処理推進機構(IPA)が2016年9月21日から同月27日にかけてインターネットで実施した「情報セキュリティの倫理に対する意識調査」により判明したもの。同調査ではパソコンでインターネットを利用している13歳以上の男女5000人が回答している。

許可していないにもかかわらず、自分の個人情報を他人にインターネットに公開された経験があるか尋ねたところ、14.4%が公開された経験があると回答。「自分とわかる画像や動画」が7.1%ともっとも多く、「行った場所や食事などの行動に関する情報(4.6%)」「氏名、所属、年齢など(4.2%)」が続く。

他人に個人情報を公開された際の対応を見ると、35.3%が何かしらの行動を取っており、17.6%は公開した人に連絡を取り削除を依頼。さらに12.9%はサービスの管理者や企業へ削除を依頼していた。

(Security NEXT - 2017/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破