Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティリリースとなる「PHP 7.0.13」が公開

PHPの開発チームは、最新のアップデートとなる「PHP 7.0.13」をリリースした。

今回のアップデートは、セキュリティリリースとして公開したもの。複数のセキュリティに関する問題に対応した。26件のバグに解消したほか、コマンドの追加をはじめ、仕様変更などを実施している。

開発チームでは、「PHP 7」を利用するすべての利用者に対して、同版へのアップデートするよう推奨している。

(Security NEXT - 2016/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
PHPのパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性
「Movable Type」旧版、ライブラリに起因するXSS脆弱性 - 2016年に修正済み
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
セキュリティアップデート「PHP 7.2.8」がリリース
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も