Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、機械学習と既存技術を組み合わせた「XGen Endpoint Security」

米Trend Microは、機械学習など複数の技術を組み合わせた防御技術「XGen Endpoint Security」を発表した。

同技術は、実行前および実行中のファイルを分析する「機械学習」にくわえ、従来よりある「脆弱性攻撃対策」「振る舞い検知」などを組み合わせたもの。米国においてエンドポイント、メール対策、ウェブゲートウェイセキュリティなどを含む「Trend Micro Smart Protection Suites」に追加し、提供を開始したという。

誤検知対策として、利用者数によるプログラム判定やホワイトリストによる「ノイズキャンセリング」なども活用し、同社は同技術について、「適時に適切な技術を適応した対策が可能」と説明している。

(Security NEXT - 2016/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用