Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、機械学習と既存技術を組み合わせた「XGen Endpoint Security」

米Trend Microは、機械学習など複数の技術を組み合わせた防御技術「XGen Endpoint Security」を発表した。

同技術は、実行前および実行中のファイルを分析する「機械学習」にくわえ、従来よりある「脆弱性攻撃対策」「振る舞い検知」などを組み合わせたもの。米国においてエンドポイント、メール対策、ウェブゲートウェイセキュリティなどを含む「Trend Micro Smart Protection Suites」に追加し、提供を開始したという。

誤検知対策として、利用者数によるプログラム判定やホワイトリストによる「ノイズキャンセリング」なども活用し、同社は同技術について、「適時に適切な技術を適応した対策が可能」と説明している。

(Security NEXT - 2016/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
CyberArk製の特権アカウント監視製品を発売 - dit
マクニカ、ユーザーの業務パターンを自動学習して異常を検出する製品
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
シマンテック、機械学習を活用した「SEP 14」 - パッカー対抗も
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
無償の脆弱性学習ツールが機能強化 - 脆弱性拡充や集団学習支援も