Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仕様書に沿ったサイバー攻撃対策のカスタマイズ演習コースを提供 - DNP

大日本印刷傘下のサイバーナレッジアカデミーは、サイバー攻撃対策の技術者を養成する演習コースへ、あらたに2コースを追加した。

3月に開講したサイバーセキュリティ技術者向け体験型実践演習コースのラインナップを拡充したもの。受講する組織の目的や要望、仕様書による条件などへ対応する「カスタマイズ演習コース」を用意した。

さらに情報セキュリティ大学院大学の社会人向け講座「短期再教育プログラム」にて同大学院と共同で演習コースを提供。サイバーセキュリティの歴史や最新動向のほか、セキュリティ対策を学ぶ「不正侵入」「ウェブ系攻撃」「標的型攻撃」コースを提供する。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
NECマネジメントパートナー、「CSIRT」向け研修サービスを拡充
PwC、電力およびガス事業者向けにセキュリティソリューション
カスペ、国内で制御システム向けセキュリティ対策サービスを開始
無償の脆弱性学習ツールが機能強化 - 脆弱性拡充や集団学習支援も
KPMGコンサル、サイバーリスクマネジメントの支援サービス