Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zend Framework 1」にSQLiの脆弱性 - 修正パッチが公開

ウェブアプリケーションフレームワークの「Zend Framework 1」に、「SQLインジェクション」の脆弱性が含まれていることがわかった。

同フレームワークの「Zend_Db_Select」オブジェクトにおいて、「ORDER BY」「GROUP BY」の引数を含むSQL文の処理に「SQLインジェクション」が可能となる脆弱性「CVE-2016-4861」が存在することが判明したもの。ただし、「同2」「同3」は影響を受けないとしている。

同脆弱性は、HASHコンサルティングの徳丸浩氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

開発チームでは、脆弱性へ対応したパッチ「同1.12.20」を公開。今回の修正は、2015年に実施した「CVE-2014-4914」への対策をさらに改善したものだという。

(Security NEXT - 2016/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
フォトブログ「Pixelpost」に複数脆弱性 - すでに開発は終了、利用中止を
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に