Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性

「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

同ソフトウェアは、登録者に対するメールによるマーケティング機能を提供するプラグイン。9万超のウェブサイトで稼働している。「同5.7.14」および以前のバージョンにSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2024-2876」が存在し、認証なしにデータベースを操作することが可能になるという。

DefiantのWordfenceでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同脆弱性は、3月27日にリリースされた「同5.7.15」にて修正された。Defiantが実施したバグ報奨金プログラムを通じて報告されたもので、報告者には1250米ドルが贈られた。

その後もクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2024-2656」をはじめ、複数の脆弱性を修正しており、現地時間4月17日の時点で最新版は「同5.7.18」となっている。

(Security NEXT - 2024/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ