Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「LearnPress」に脆弱性が明らかとなった。

同ソフトウェアは、「WordPress」においてeラーニングシステムを構築できるプラグイン。「同4.2.6.5」および以前のバージョンにタイムベースのSQLインジェクション攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2024-4434」が明らかとなった。

脆弱性を悪用されると、認証なしにデータベースから機密情報を窃取することが可能となる。

DefiantのWordfenceでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同プラグインを提供するThimPressでは、5月9日に「同4.2.6.6」をリリース。同脆弱性を解消したほか、バグの修正などを実施している。

(Security NEXT - 2024/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る